読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Catch me If you can

酒を飲み、肉を食べ、犬と遊んで暮らしたい

Python、早速詰んだ

Pythonの旅

この間の記事でも書いたけど、Pythonのインストールをした。
ソフトウェアのDL元はこのページ。

https://www.python.org/downloads/mac-osx/

 

ダウンロードしたバージョンはこちら。

 

Python 3.5.0b2 - 2015-06-01

※わたしのOSは遅いと評判のYosemite OS 10.10です。

 

この本で書かれていたとおり、インストールし、シェルスクリプトで実行して、「cat」って入ってたテキストボックスの中に

 

open -a /Applications/Python 3.5/IDLE.app" --args -n

 

って入力して、IDLEで保存して、開いてみた。

f:id:Seong15:20150627230400p:plain

 

出た。ぐへへ。本のとおりしかやってないけど、本のとおりやったらできた。本のとおりやるのはただしいんだぜ。

本のとおりやったらできるというのは、13年前Windows95でサーバーを立てた時から知っていたぜ、ぐへへ。


んで、人生ではじめての「HelloWorld」まではサクサク進んだ

f:id:Seong15:20150627230438p:plain

 

「出たぁ♡なるほどお〜〜こういうことか〜〜〜」と大きな声で独り言を言いながら、10秒ほど画面を眺めて、「>>> print"I can't wait for Avengers2 anymore"」とか打って、自動で「I can't wait for Avengers2 anymore」という文が白い画面に出てくるのを見て満足した後、(それでは保存しても実行されないと思ったので)もう一回画面を起動しなおして、再度HelloWorldしたのち、

「さて、じゃあ実行を…」と思いRunのタブを出したが、

 

Run Moduleが押せない

f:id:Seong15:20150628003229p:plain

 


なんでじゃー、と思って、がちゃがちゃいじっていると、謎のミラクルで押せるようになったので、押してみた(どういう風になったのか、一瞬のことなのでよくわからなかった)

f:id:Seong15:20150627230501p:plain

 

 

だめだった。
「こういうの昔Javascriptいじっててもよくあったなー」と思ったので、もう一回やり直そうと思って、再起動して、同じ作業をしてみた。

(その昔、IBMホームページビルダーというアレなソフトウェアでフロントエンドをいじっていた。もう大概忘れたし、はてなのブログ書く時に左下に「CSSをいじる」みたいな項目あるけど、もういじれない。)

 

今度はRunのタブが出てこない。

 

白い画面に「このバージョンは安定してません」と書いてあるので、「バージョンがOSにあってなかったか?」とおもって別のバージョン(Python3.4.3)を入れ直してみたりしたものの、上手くいかない。Runのタブが全く出てこない。Helpで探しても出ない。

 

「こりゃ詰んだな〜」と思ったので、知り合いのエンジニアの人にきいてみた。

「普通に構文エラーだと思います」「出てきたメッセージ正確に入れてggr」と言われたので、探したらこのページがでてきた(ksは言われなかった。やさしい。)

 

8. エラーと例外

 

なるほど、これっぽい、と思って、満足。また今度。今日はもう遅いし、小さい文字をiMacのでかい画面でみて疲れたので寝る。

 

それにしてもこのiMac、漫画描くために買ったんだけどな。おかしいな。まだintuos5駆使されてない。

APPLE iMac Retina 5K Display 27 (3.5GHz QuadCore i5/8GB/1TB Fusion/ AMD Radeon R9 M290X) MF886J/A
 

 

 

ネットでプログラミングをマンツーで教えてくれるサービスがあるはずなので、それを使ってみるかなと思っている。

っていうかプログラミングって黒い画面でやるんじゃないんだっけ???